大学生にぴったりのアパート【親元を離れて一人暮らし】

記事リスト

集合住宅

格安でリフォームもできる

横浜中古マンションは住みたいまちとして人気の横浜エリアで新築マンションを買うより、お得に買うことができ、自分好みにリフォームできる楽しみもあります。手頃な価格で買えるので、新築では買えないハイグレードなマンションにも手が届きます。

アパート

優先順位をつけて選ぶ

浜松でアパートを探すときは、家賃の上限を考えてから条件の優先順位をつけるのが大切です。家賃も含めて、どこまでなら譲れて譲れないポイントはなんなのか考えておきましょう。また内覧することで気持ちが固まることもあるので内覧も必須です。

部屋

インターネットでの探索

大学生がアパートを選ぶ場合には大学へのアクセスを優先することが重要です。最近はインターネットで物件の絞り込みが出来るので、希望する条件を明確にして検索する必要があります。価格を優先すると旧耐震のアパートとなるケースがあるので建築時期は重要です。契約前に物件を現認して周辺環境を確認する必要があります。

マンション

必ずチェックすべき点

横浜中古マンションを購入したいと思う場合、リフォームやリノベーションなどで直せない耐震性や管理状況、周辺状況などを確認するのが大切です。そのほかの条件についても優先順位をつけておくと惑わされずにすみます。

アパート

耐震性や耐火性が高い

浜松の不動産業者では、耐震性や耐火性に優れた新築や築浅のアパートを数多く取り扱っています。近くに商業施設や病院、スーパーマーケット、コンビニなどがあるので、利便性が高いのが特徴です。比較的家賃の安い物件も取り扱っています。

探し方に注意

アパート

優先順位をつける

大学生となると親元を離れて一人暮らしをするという人も多いものです。大学がある各地の街には、大学生向けのアパートも数多く展開されているので探すときに困ることはまずないでしょう。とはいえ、どこでもいいというわけではありません。大学生が住むアパートを探す場合、たいていは高校生の時点でアパート探しをすることになるため、親が主導することになります。親が一人暮らしの経験があればある程度その経験を元にして探せばよいのですが、そうでないのならばある程度注意して探さねばなりません。大学生になるのが決まるのは早くて11月、遅いと3月頃です。年内からアパート探しができればよいのですが、2月や3月になるとアパート探しは激戦となります。卒業して部屋を引き払う学生も多いのである程度確保は可能なのですが、同じスタートラインの学生と同時に探し始めることになるのでしっかり吟味している暇はないことが多いです。大学が遠方の場合は何度も足を運ぶのも大変なので一度に決めるのがおすすめです。あらかじめ予算やこだわりたい間取りなどについて話しておくとよいでしょう。子供の方は経験がないことでこだわりどころもわからないことが多いのである程度アドバイスしてあげる方がよいでしょう。バストイレ別かや大学との距離、周辺施設、治安などがポイントとなります。予算との兼ね合いもあるので限られてくるポイントもありますが、優先順位をつけておくと迷わずにすみます。物件選びに迷ったら、不動産会社に相談しましょう。プロの目でおすすめの物件を紹介してもらえます。インターネット上の物件紹介サイトは、空き時間を利用してじっくりと検索できるので、自分に合った物件を見つけましょう。